スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純粋な気持ち

「なんじにかえる?」
夜8時を過ぎた頃、毎日入る娘からのメール。
全部ひらがな打ちなのは、お母さんに見つからないように急いで打っているから…。

我が家では、母の日までの数週間、娘のマッサージ屋さんがオープンするのだ。
今年で3シーズン目に突入した娘のお店だが、固定客は僕一人!

クローバー

その固定客にマッサージをして、10分100円という高めなサービス料を徴収し、なるべく大きなカーネーションを贈るんだ …と張り切る娘。

「なめこのシールが欲しいの」
…などと、お母さんには方便を語り、施術料をせっせとせっせと貯めるのです。

当然、常連・単独・固定客の僕への呼び込みは日を追うごとに激しくなるわけで…
「なんじにかえる?」「まっさーじはどうする?」「なんでそんなにおそいの??」と、娘流の三段活用を駆使するひらがなメールが、夜8時を過ぎた頃から「ピロリン、ピロリン」と、送られてくるわけです。

僕は、目当てのお姉ちゃんに呼び込まれ「仕事だから今夜は行けないよぅ」と言いながらも、のこのこと夜の帳へ繰り出すおじさんの如く、仕事を早めに切り上げてマッサージ屋さんの閉店時間(寝る時間)に間に合うよう一目散に帰宅しようと努力をするのです、はい。

それなのに…
あぁ、それなのに、それなのに…。

勤め人の時より少しは時間が自由になると思っていたのだけれど、今年は閉店時間までに帰ることがあまりできなかったんだよね。

…なので、
今日は朝から半日お休みして娘との時間を作りました!
画用紙を買って、会社で似顔絵を描いて、「お母さん、喜ぶかなぁ?」と、ドキドキ☆ワクワクしながら、カーネーションを選びに花屋さんに出かけたのです。

この大きいのがイイ!
色がきれいだし、蕾もたくさんついてるよ!!

うんうん、
とてもステキな鉢植えが見つかったね

mother's day02

そんな彼女を見ていると、何だか僕まで幸せな気持ちになる。
カーネーション と一緒に贈った、娘の純粋な気持ちの話でした。


【花言葉】
 CARNATION … 純粋な愛情


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

episooooode

Author:episooooode
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。