スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビュー 『企業は人なり』

お待ちかね~♪ と、くま君。
どうやら昨年11月、川村ひかるさんにインタビューを受けた雑誌が届いたようです。

company tank01

表紙はなんと、KDDIの田中社長です。(おぉ~っ!)
この本に自分も載っているのかと思うとズッキンドッキンなのであります。はい。



今月号の特集『企業は人なり』に川村ひかるさんとの対談が掲載されていました。
何だか照れくさくもありますが、やっぱり嬉しいですね~♪

company tank03

■ カンパニータンク2013年2月号より(国際情報マネジメント発行)

川村 今井社長は、これまで不動産業界一筋で歩んでこられたそうですね。

今井 はい、同業者であった父の背中を見て育ち、20歳で父の会社にてアルバイトを経験。そして設立間もない不動産会社にてキャリアを積み、2012年11月に独立した次第です。

川村 それがこちら、株式会社プログレスさんですね。

今井 はい、不動産の売買・仲介・住宅の新築・リフォーム、資産運用相談、土地活用のコンサルティングなどを幅広く手がけ、お客様の人生におけるステップアップをサポートしております。その中で私たちもお客様と共に日々成長していければと考え、「常に前を向き発展していくこと」を社是としているんです。それが当社のロゴ「G」の部分が矢印になっている理由でもあるんですよ。

川村 まさに社名通りに、進歩・発展を目指していくということですね。具体的なビジョンはありますか?

今井 常にクオリティの高い仕事を手がけたいと考えています。私は以前の職場で売買・仲介・建築など様々な部署のマネージャーを担ってきましたから、幅広い分野に対応できると自負しています。「私だから手がけられる仕事」を1つでも多く展開していきたいですね。

川村 住宅という一生関わっていくものを扱われているだけに、お客様とのお付き合いも長いのではないですか?

今井 そうですね。だからこそ相手を思いやる「まごころ」を大切にした仕事をしていきたいと考えています。そこから生まれる人との繋がりが、いい仕事、いい生き方にもなっていくと思うのです。
 ある時、1人の女性が突然私を訪ねてきて「私のことを覚えていますか?」とおっしゃられたことがありました。なんとその方は私が過去に担当したご家族の娘さん。当時は幼かった彼女が、結婚をして子供を持ち、住宅の購入を考えているとのことでした。そこで、私に依頼したいとわざわざ訪ねてきてくれたのです。長い歳月を経ても頼って頂けることが本当に嬉しかったですね。

川村 今井社長のまごころがお客様に届いている証ですね。

今井 そうであれば嬉しいですね。私を信頼してご指名してくださることが喜びであり、やりがいにもなっています。家というのは人生の基軸となるもの。その基軸をどこに据えるかでその方の人生も変わってくると思うのです。私は仕事を通してその人生という物語に参加させて頂いている、それを誇りに今後も多くの方の物語に携わっていきたいですね。

12112901
クレジット:カンパニータンク2013年2月号
(国際情報マネジメント有限会社 発行)



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

No title

昨日はお疲れさんでした。

本になると立派な人間に見えますね!
メディアの怖いところですね、勉強になりました。

仕事の合間にまた遊びに行こうね!

Re: ホワイト6さん

そうですね。
楽しくいきましょう!

あの…僕は普段から立派な人間だと思っていますが、なにか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

episooooode

Author:episooooode
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。