スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプだ、やっほー!

日常の喧騒を忘れたいのなら、大自然へ繰り出せ!
…ということで、キャンプなう です。はい。

今回は、キャンプマイスターの友人SNA君にコースの選定を全てお任せしました。

で、着いたところが、ここ!
 
キャンプだ01
ひだまりの里 オートキャンプ場

…本当は、ザックを担いで山道をてくてくと歩き、きれいな沢のほとりでテントを張り、美味しいcoffeeを飲む、違いがわかる男になりたい気分だったのだけれど、キャンプだ!やっほーの日は、ドンピシャで雨警報の丹沢なのでした。

なので、
急遽、庇の深い踊り場のあるオートキャンプ場を取ってもらったわけです。はい。



テントを張り終え、火を熾します。

キャンプだ02



男たるもの、夕食の準備は手際よく…。

キャンプだ03



で、
今夜の男飯はこれ!
定番のキムチ鍋。
グツグツと煮えたら、仕上げに餅を入れて食すのが俺流さっ!

キャンプだ04



そして、
バジル風味のロース肉と特製ダレに漬けこんだスペアリブを豪快に焼く!
肉厚の椎茸は北海道産の新鮮なものをチョイスしたぞ!!

キャンプだ05



オートキャンプ場とはいえ、夜になると漆黒の闇になる。
闇夜にはキャンドルの灯りが良く似合います。
 
キャンプだ06



暫し、暗闇のなかで語らいます。
これもキャンプには欠かせません。

キャンプだ07 キャンプだ08



今夜の寝床。
山岳用の大きめのテントにSNA君とランデブーです。
…間違いが起きないとよいのですが(汗)

キャンプだ09

ずっと雨が激しく降り続いていました。
森の静寂の中、バタバタとテントを叩く音が闇夜に響きます。
時折、鹿が悲しそうな声で鳴いているのが聞こえたりすると、
自然の中にいることを実感するのでした。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

episooooode

Author:episooooode
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。