スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GENKI★FESTA

小田原城址で開催されていた…

festa01



小田原・箱根元気フェスタ
グランドフィナーレに行ってきましたー

festa02



お目当ては…

食べたいものが目白押しの
縁日ストリ~ト~!!

festa04



そして、娘と奥さんが舞う
えっさホイ踊り~(^O^)/

festa05



…でしたが、
二の丸広場でこの男に捕まりました(>_<)

festa03

15からトモダチの中矢君!
彼は、このフェスタ主催の小田原箱根商工会議所のお偉いさん!? 珍しくビールも飲まずに警備だか警護の担当ベストを着て、きちんとお仕事してマシタ(^^)



僕らの後ろで繰り広げられている
小田原出身バンド:藍坊主 aobozu の、

festa07

凱旋ライブを見たいのに…
中矢君は僕に話し続けるのです。ブツブツ...



藍坊主の熱狂的なファンはとてもお行儀がよく、
この夏、サザンを追いかけた 僕らのような…

festa06

アフロ頭のおバカさんはいませんでしたっ!
少し残念ですが、正しい選択だと思います、はい。



ここ数年、小田原の街を活性化させよう!と、さまざまな催し物を企画・運営してくれるのでとても楽しませてもらっています! 片浦れもんにちなんだ 小田原 水れもんバル や、練り物文化を軸とした 小田原 おでんサミット など、楽しいイベントがたくさんあります!

おだわら、万歳\(^o^)/ の話でした。


スポンサーサイト

お月さまとって!

昨夜の 中秋の名月…
きれいでしたね。

僕はリアルな満月は見れていないんですが、SNSの友達たちがたくさんの写真をUPしてくれたので…

ウサギは本当に餅つきしているのか?
いや、餅食ってるように見えるな!
ん~~~、月が団子に見えてきたっ。
あまり見てると何かに変身しちゃいそうだ!!

…などと、童心(?!)に還りながら、
PCのモニター越しに眺めておりました、はい。


月を見ていたら、
素敵な絵本のことを思い出しました。


「 パパ、お月さまとって! 」

こちらは、「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールの作品。
カールはこの絵本を自分の娘サースティンのために描いたそうです。
ステキなお父さんですね。

moon for me 02-300

娘が小さい頃、
寝しなにこの絵本を読み聞かせすると、天窓から見える星や月に手を延ばして…

「パパ、取って!取って!!」

と、毎晩のようにせがまれたのを思い出します。

moon for me 01-400

当時のおえかきの時、丸(大きいお月さま)と、三角(高いお山)を大きめに描き、その2つを(ながーい)はしごで結び、少し太めの人(パパ=僕)が昇っていく姿をお話しながら描いてあげると、とても喜んでいましたっけ。

絵本には、月の満ち欠けも描かれていて、満月から三日月になり、日を追うごとに小さく細くなって…また満月になるのを、夜空を見ながら楽しんでいました。娘が星空や月夜に興味を持ったきっかけの特別な絵本です。


あれから数年…
中秋の名月に満月を見れるのは、
今年を最後に2021年まで無いというのに…

会社の前の大通りに出て、
月が出ている空と反対方向を
じっと見ていた愚か者を知っています…。


「パパ、お月さま真逆だよ!」


満月の夜 …
胸がキュンと締め付けられたのは僕だけでしょうか?


物語のある人生

どうしても成し遂げたかったご契約が終わりました。
その方から依頼されていた大切な役割を全うすることができたのです。

monogatari01


持てるだけの荷物にしたいんだ。
手伝ってくれるかい?


ご夫妻が長年愛用された別荘をお売りになると決めたとき、喜んで使ってくれる方を探してほしいのだと、僕に声を掛けてくださった。

時折訪れると心が和む場所なんだが、そろそろ色々なことを整理しておこうと思ってね。
…今の私に持てるだけの荷物にしておきたいんだ。と、少し寂しそうに話してくださった。

その家が建築される様が収められたアルバムを拝見しながら伺った当時の思いや出来事は、まさにお二人の人生の物語だった。

monogatari03

色褪せた写真には、まだお若いお二人がとても仲睦まじく、今と変わらぬ素敵な笑顔で写っていた。

monogatari02

伺った物語は
全てこの家を基軸とする出来事…。
「物件」として扱うのではなく、物語のステージとして新たなエピソードを綴ってくださる方を探したいと思っていた。


…人生という物語のなかで、
僕らはさまざまな荷物を背負う。

持ちたいと自ら欲して背負うものもあれば、そうでないものもある。
多くの荷物は、その時必要なものであり、背負うだけの力があるから背負うのだけれど、在る時それを下ろさなければならない時が、下ろすべき時がやってくる。

以前僕は、図体がでかいからと、欲張ってたくさんの荷物を背負い過ぎて潰されそうになった。それを周りの方々に助けてもらいながら、ひとつひとつ下ろして持てるだけの荷物にできたとき、次のステップへ進む道が開けた。


今日ご成約に至った別荘は、前職の時に売却依頼を受けていたものだった。
以前の記事→「鎌倉を歩いた」← に書いたように、昨年の8月、退社と独立を報告に伺い、一度はその役割を放棄してしまったのだけれど、2ヶ月程前に、やっぱり君に手伝ってもらいたいから受けてくれないかとご連絡をいただいた経緯がある。


だから、
どうしてもその方の物語の大切な役割を全うしたい…。そう思っていたのかもしれません。


君にいろいろあったから少し回り道をしてしまったけれど、やっぱり君にお願いして本当によかった。
素敵な買主さんを見つけてくれて ありがとう。これで だいぶ肩の荷が下りたよ。

と、労いのお言葉をかけていただいた時、不覚にもウルっ としてしまいました。



…ところで君は猪苗代湖に行ったことあるかい?

…1度だけあります。と答える僕に。。。

実はそこにね、
500坪の土地があるんだけど売れるかな?

えっ、まだそんな重たいの背負ってるんですか?!



81歳の物語はまだまだ続きがありそうです。

そして、僕にもまだまだ役割があるみたい(^^ゞ


あぁ、
物語のある人生は素晴らしい!



う~、まんぽう!

イイ仲のおねえちゃんと伊豆方面に行くから、The IZU 的なお店を紹介しろと、東京でフォトスタジオを営む友人(独身だけど中年)から連絡が入った。

…僕は ぐるナビ じゃないよ

と思いながらも、TOKYO人に さぷら伊豆 を届けたくって紹介してみます。


伊豆の外浦海岸近くにある ひもの 万宝 は…
ここだけを目的に伊豆へ向かう輩が大勢いる、知る人ぞ知るお店です。
 ↓
manpo02



外観、至って掘っ立て小屋風。
とんねるずのきたなトランに出てきそうな感じですが、芸能人もお忍びで結構来てるんですよ♪ お店に写真やサインがたくさん貼ってあります。
 ↓
manpo01



店のショーケースで選んだひものを、おやっさんが炭火で焼いてくれます。
 ↓
manpo03



夏のおすすめは…
黒ムツ、地金目、メヒカリ、タカベにタチウオ。
アオリイカの塩辛がこれまた絶品!
(写真は諸般の事情でありませぬ)



manpo11
 ↑
黒ムツ 万歳!!
 ↓
manpo09



神津島産のタカベさんとメヒカリちゃん
 ↓
manpo08

 

タチウオ君(ステキ!)
 ↓
manpo07



焼けるのを待ちわびるこの笑顔!
…いやらしい表情ですが、いやしいだけです、はい。
 ↓
manpo13



万宝は持ち込み自由だから
おにぎりやお酒を持参して
ひものをおかずに肴にやるわけです。
僕は昼間っからグビっグビっとやっちゃいました(^^)
 ↓
manpo14



独身だけど中年の友人くんっ!!
季節が秋へと変わっていても
食べた後は泳ぐんだぞ^m^

manpo15


ひもの 万宝
http://www.manpou.com/
最高ですから、是非行ってみてくださいっ!


夏をあきらめて…

なみぃ おとっ が響けばぁ
  雨雲がぁ 近づくぅ~

…と、
カーステから流れる桑田さんの声が聴こえないくらい大きな声で唄っていたら、降りるインターを通り越してしまいました、はい。


これは 夏の疲れでしょうか?


窓越しに見える相模湾は未だ夏の面影を残してはいるものの、何だか、妙に せつなく 感じます。

夏をあきらめて01


そんなおセンチな気持ちとは裏腹に
山椒の効いた激辛な麻婆豆腐を…

夏をあきらめて02


どんぶり飯に載せて
豪快にかき込むと…

夏をあきらめて03

真夏の如く汗が噴き出すんです!


きっと…
こういった一連の行動を総じて
世に云う 食欲の秋 というのですね。


夏はひとまずあきらめて
ちいさい秋を見つけた話でした。

FU-SHI-ME

8月が怒涛のごとく過ぎて行きましたね。
暦が9月へと変わり、やけに とんぼ が目につきます。
どうやら巷では秋の風が吹き始めているようです。

…昨年の8月8日に会社を興してから1年が経ちました。
歳を重ねるごとに、過ぎゆく毎日の速度が早くなっているようで、あの不安で落ち着かない熱い夏から一年が過ぎたのかと思うと、

よくぞご無事で(笑)

と、自分で自分を労わったりしちゃいます、はい。



PROGRESS / プログレス

…という会社の名前は、登記を出す前日まで悩みに悩みました。
業種がわかりやすいように、〇〇不動産とか、〇〇ハウスという選択肢もあったのですが、僕はその名前自体に理念のようなものを盛り込みたかったのです。

logo1R300

一度決めた社名は、日々 事ある毎に声に出して発するわけですから、自分が発した社名を自分で聴き、発し…聴き…と繰り返すことで、自分の心に落とし込みたかったのだと思います。


PROGRESS は…

 ある目標・方向に向かって
 絶え間なく進んでいく進歩


という意味を持ちます。


しっかりとした基軸が在る前向きな言葉だと思いました。
僕自身だけでなく、僕が携わった方々の進歩・発展・ステップアップを担いたいという思いが詰まったお気に入りの名前です。


それなのに、
あぁ、それなのに、それなのに…


今井君の会社の名前って、見たまんまだね。興行とかも企画するの?…と、
僕の身体を見ながら言うのです。
はて?チンプンカンプンと困惑している僕を その方は畳み掛けます。

ストレートで
イイと思うよ、
プ・ロ・レ・ス !!


え~~~!
プロレスって(・・;



と思いながらも、
これは使えるφ(..)メモメモ と

…聞きなれない社名の補足説明に使わせていただいております、はい。


ロゴに秘めた次のステージへと昇るスリーステップも、

logo5R300

リングに上がる取り外し可能な階段に見えるのでしょうか?



最後になりましたが、

皆様のご助力のおかげで一周年という節目を迎えることができました。
本当にありがとうございました。

これからも皆様のお役に立てるよう努めて参りますので
何とぞよろしくお願いいたします。


追伸:
プログレス です。
ハッスル、ハッスル !!

プロフィール

episooooode

Author:episooooode
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。