スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らはみんな生きている

これまた極めて私的な事柄なのですが…一昨年の12月に、僕は衝撃的な感覚を体感しました。生きていると思わぬところで思わぬことに遭遇するものです。

その年の夏頃から体調が本調子に程遠く、公私共にお世話になっている先生にご高診いただいたのだけれど、1週間程度の入院を要する心臓カテーテル検査を受けるよう強くすすめられました。

 あなたは働き過ぎだったのですよ。
 たまにはこんな風に立ち止まることも必要なのだと思います。

先生の仰るように、たまには自分のことを大事にしてみようと、僕は検査を受けることにしました。師走の忙しい最中に休みを取って良いものかと迷う気持ちは多分にあったのだけれど、生まれて初めての入院が、著しく痛いところも病んでいるところもない健康な状態での検査入院と云うことで、時間を気にしない時間を、優雅に読書でもして過ごそうと思えたのです。

心臓のカテーテル検査は、手首や足の付け根にある動脈から圧力を測るためのカテーテルと呼ばれる細く柔らかいチューブを心臓へ入れて、造影剤を使って心臓の各部屋の大きさ・筋肉や弁の動き・冠状動脈が狭くなっているかどうかなどをみたり不整脈の原因は何かなどを詳しく調べる検査で、異常がなければ30分程度で終わると説明をされていました。

心カテ検査当日、
僕は検査着に着替えストレッチャーで施術室へ運ばれたのですが、そこには先生はじめ医療チームが大勢いて、局部麻酔注射や動脈にステント挿入など、周りがとても物々しかったのを覚えています。

いやはやこれは…
検査というか手術だな…と、
救命病棟24時や白い巨塔のワンシーンを思い出しながら、何となく自分を傍から見ていた気がします。

入室から暫くして、先生から
「胸が少し熱くなりますよ」と、
造影剤を注入されたとき、それが起こりました。

胸がカーっと熱くなり、
心臓がドクンと鼓動した瞬間…
僕の心臓は僕の身体に血液を送り出したのです。

それは自分の意思とは関係のない所で、勢いよく送りだし、それをもう一人の自分が認識する…。


正直、感動しました。とても。
あぁ、僕はこうなっているんだと。


震えるほど寒い施術室の中にあって、僕の血液はとても熱く、手の先から足のつま先まで行き渡るのです。

この時、生きている って凄いことなんだと、初めて知ったのでした。

tisio


…当時42歳の僕は
とても焦っていました。

40歳になる少し前から、転換点を意識するようになり、その転換点は僕のこれからに大きな意味を持つであろう、大事な大事な転換点だと思っていたのです。

そんな思いとはうらはらに「四十にして惑わず…」とはいかずの惑いっぱなしで、なかなかその転換点が見つからず42歳になってしまっていたのです。

…歳を取ることは仕方がないことですが、この時期に達成されるべき何かが達成されないまま過ごしてしまうことは、仕方がないことではありません。
40歳という節目は、何かを取り、何かをあとに置いて行くことで、それまではできなかったことができるようになり、かわりにそれまでは簡単にできると思ってやっていたことができなくなってしまうということではないだろうかと、本で読んだことを思い出します。


あの衝撃的な感覚は、そのような精神的に未熟な僕に「よく生きること」の意味を教えてくれました。


時折 手のひらを太陽に透かしてみて、真っ赤に流れる血潮を感じることが、今の僕を支えてくれているようです。


スポンサーサイト

ダンボー

世の男性諸君、子供の頃 近くの商店で段ボールを貰い、手と首の位置に穴を開けて こんなかぶりもの作りませんでしたか?
 ↓↓↓
ダンボー01

これ、私のお気に入り♪
リボルティック★ダンボー君です!
Amazonで見つけて衝動買いしました。

…そう、奥さんがいうところの、
いわゆる「ムダ遣い」の品です。はい。

ダンボー(大)とダンボー(ミニ)があり、私は あろうことか同時買いをしたわけです。
(こんなおもちゃに5,000円超と…)

…でも、同時購入には私なりの訳があるのです。

何といっても、並べると「パパと子供」の絵柄になるので、関節を動かし、写真のように「寄り添う親子」を演出できるのです♪(ママと子供ではありません。)

ダンボー02 ダンボー03

…で、願いを込めて仲睦まじい父と娘を表現すべく、ポーズや立ち位置・アングルをセッティングしてリビングの所定の位置に置いておくのですが、どういうわけか帰宅すると距離が異様に離れていたり、互いにそっぽを向いていたり、時には大きいの(父)が寝ていたりします。
(それも万歳して、大股開いたりしているのです!)

誰の仕業かわかりません。
とっても怖くて聞けません。
どうか奥さんの仕業でありますように…。

サービスとは思いやり

とりたてて予定がない休日には、本や雑誌とメモ帳を片手にCAFEへと赴く。淹れたてcoffee は少し濃いめのほうがいい。苦みと香りとをいっしょに楽しむのだ。
 
うぉーーーっ!
何だか、違いがわかる男のゴールドブレンド って感じだ

でも…
僕がいう CAFE とは、最寄のDenny's のことであり、少し濃いめのcoffee とは、何杯飲んでも320円! おかわり自由で種類変更もオッケーの コーヒー の事である(^^ゞ

平日の午前中、最寄りのDenny's には、ほとんど人がいないので とても居心地がいい。東向きの明るいテラス席で、時間に縛られない時間を過ごすのは何とも贅沢なのだ。その時の気分で、読みたいものを読み、書きたいことを書く。時には、のほほんと 次はメロンソーダにしちゃおっかなあー、などと煩悩と共に過ごすのだ。時間はお金で買えないと云うけれど、このひとときが320円というのは何ともリーズナブルで有り難い…。

この日はJCBの月刊誌を持って行った。
毎号、海外や国内の素敵な街を紹介する特集や、趣味のある休日の提案、連載のコラムなど、エグゼクティブ向けの趣のある記事が多く、楽しませてもらっている。うんうん。

サービス思いやり-1

持参した月刊誌には、小山薫堂 氏 が寄稿されたコラムが載っていた。

小山さんは、もともと放送作家で、料理の鉄人や、進め!電波少年 など数々のバラエティ番組、映画 おくりびと の脚本家としても有名。巷で大流行のゆるきゃら くまモン の生みの親でもあります。

高尚な響きのお名前(こやま くんどう)とムホムホな髭が印象的な方で、フランスの素敵な絵本を翻訳されていたりもします。とてもやさしい心の持ち主で、僕の好きな作家のひとりです。コラムには、小山氏の大切にしている思いについて書かれていました。何だか感動して共感して幸せな気分になったので、紹介しますね。


「サービスという特技」 ~身近な仲間たちを喜ばせたい~

ひと口に「サービス」と言っても、定義はいろいろ、内容もさまざまだ。上司やクライアントとのゴルフコンペで上手に負ける…なんていうことだってサービスのひとつかもしれない。結果として誰かを喜ばせ、気持ち良くする、それこそ僕が考えるサービスの定義だ。

先日、うちの社員のブログを読んだという知人から「スタッフを本当に大事になさっているんですね」と言われて、僕も読んでみた。それは、2010年10月に発売された僕の絵本『いのちのかぞえかた』の帯のコピーを任せた社員のブログだった。そこには、彼に渡した絵本の初版に書かれた僕のサインの写真も載っていた。

「すばらしい帯をありがとう。君が一段ずつ登っていく階段をぼくはちゃんと数えています。」

サービス思いやり-2

そのブログの続きには、
「どんなに辛いことがあろうと、這ってでも上に行きます。」という彼の決意が書かれていた。

2つの会社の代表である僕には社員がいる。
だから、彼らへのサービスということも考えられるわけだけれど、「社員サービス」なんて書くと、なんだかちょっと社員におもねるような、わざとらしい感じがしてしまう。でも、「サービス」を「思いやり」と置き換えれば、ごく普通のことになる。

僕の会社には実にさまざまな制度があって、イベントも多い。ちょっとユニークな制度としては、失恋したときに申請できる「失恋休暇」。朝、僕と一緒にスパに行き、朝食を食べることができる「クール・オレンジ」制度。毎月、その月に誕生日を迎える社員と一緒に食事をしているし、北海道・十勝川のイカダ下りレースなんていうのもある。-中略-

とにかくイベントが多い。その目的は?

残念ながら、もっと仕事を頑張ってほしいとか、社員たちのやる気を喚起して会社の利益につなげたいということではなく、純粋にただ喜んでほしいから。楽しそうに働いている人たちに囲まれていると自分も楽しいから。そして「いつもありがとう」という思い。それが僕の「社員サービス」の真意だ。-後略-


相手を思う、やさしい心・・・忘れずにもっていたいです。
思いやりに触れると、何だかとっても幸せになりますものね。

幸せはいつだって目の前にある。
探すものではなく、気付くものなんですね。

プロフィール

episooooode

Author:episooooode
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。