スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲労回復やわらかコース

小春日和の縁側で・・・

denhirou01



疲労回復やわらかコースの施術中。

denhirou02



おいらもいろいろ大変なんだよの巻 んがふっふっ

denhirou03

スポンサーサイト

溶かしバターを掛けますか?

セルロイドの眼鏡が似合うお姉さんに
「溶かしバターをお掛けしますか?」と聞かれたので・・・

できる限り、たくさん、掛けてくれぃ と言ってやった

tokasibutter

下までベチョベチョだったぜぇ~

朝靄でモヤモヤ

男二人でひとつのテント…
おかげさまで間違いが起きなかった次の日の朝です。
 ↓↓↓
asagiri01

山々には朝靄がかかり、幻想的な森の風景でした。
昨夜は(雨も激しく…)いろいろな心配をしていたからか浅い眠りだったので、朝5時に目覚めてしまいました。

火種が残る七輪に火を入れ、目覚めのコーヒーをいただきました。
(画像は無。寝ぼけていて撮り忘れです)

そして、炭火焼ホットサンド!
昔懐かしい イシイのハンバーグ とダブルで入れたとろけるチーズが絶妙でした。はい。
 
asagiri02


次回は、紅葉に染まる山道を散策する予定です。

asagiri03

キャンプって楽しい(^O^)

キャンプだ、やっほー!

日常の喧騒を忘れたいのなら、大自然へ繰り出せ!
…ということで、キャンプなう です。はい。

今回は、キャンプマイスターの友人SNA君にコースの選定を全てお任せしました。

で、着いたところが、ここ!
 
キャンプだ01
ひだまりの里 オートキャンプ場

…本当は、ザックを担いで山道をてくてくと歩き、きれいな沢のほとりでテントを張り、美味しいcoffeeを飲む、違いがわかる男になりたい気分だったのだけれど、キャンプだ!やっほーの日は、ドンピシャで雨警報の丹沢なのでした。

なので、
急遽、庇の深い踊り場のあるオートキャンプ場を取ってもらったわけです。はい。



テントを張り終え、火を熾します。

キャンプだ02



男たるもの、夕食の準備は手際よく…。

キャンプだ03



で、
今夜の男飯はこれ!
定番のキムチ鍋。
グツグツと煮えたら、仕上げに餅を入れて食すのが俺流さっ!

キャンプだ04



そして、
バジル風味のロース肉と特製ダレに漬けこんだスペアリブを豪快に焼く!
肉厚の椎茸は北海道産の新鮮なものをチョイスしたぞ!!

キャンプだ05



オートキャンプ場とはいえ、夜になると漆黒の闇になる。
闇夜にはキャンドルの灯りが良く似合います。
 
キャンプだ06



暫し、暗闇のなかで語らいます。
これもキャンプには欠かせません。

キャンプだ07 キャンプだ08



今夜の寝床。
山岳用の大きめのテントにSNA君とランデブーです。
…間違いが起きないとよいのですが(汗)

キャンプだ09

ずっと雨が激しく降り続いていました。
森の静寂の中、バタバタとテントを叩く音が闇夜に響きます。
時折、鹿が悲しそうな声で鳴いているのが聞こえたりすると、
自然の中にいることを実感するのでした。

タイヤ、鳴らしちゃったよ

映画は、どこにでも行けて、誰にでもなれるところがイイ。
僕はCIAの秘密工作員に憧れているので、(2時間ほどだが)世界を股にかけて ブラックブライヤー計画を遂行する工作員になってきたぞ。

tire01


■ ボーン・レガシー
2012年・米=ユニバーサル/配給:東宝東和
原題:The Bourne Legacy
監督:トニー・ギルロイ
原作:ロバート・ラドラム
主演:ジェレミー・レナー(アーロン・クロス役)左利きのイケメン俳優です。
→ 公式サイトはこちら http://bourne-legacy.jp/

マッド・デイモン主演:ジェイソン・ボーン3部作 の世界観を引継ぐ もう1人のスパイの物語。
このボーン3部作は、CIAの秘密工作員に憧れていない人にもおススメのスリリングな映画です。できればTUTAYAで3本まとめて借りて、3本まとめて観ていただきたい。うんうん。


スパイ映画を観終わると、自分がCIA工作員になった気になる。
そして誰かに狙われているんじゃあないかと、キョロキョロしたりする。

だから、
車に乗り込むと、ついつい見えない追っ手から早く逃げなくっちゃ!と、焦るのだ。
帰り道、交差点にオーバースピードで侵入して、キキキィ~と、タイヤ鳴らしちゃったよ

でも、
追われる程の男ではないので
当然、追っ手は追ってはこない…。

…一応、予告編 貼っときます。 観てね~~~
 ↓↓↓


スリリングだぜ~

タイガーをあなたのお腹に

この秋一番の冷え込みですと、お天気おねえさんが教えてくれた通り、最近めっきりと寒くなってきた。もう夏物のパンツは止めにして、秋冬物のスーツにネクタイで出掛けないと様にならない季節だ。 ましてや今日は、新しい会社の手続きで横浜に行くのだから、ビシッと秋色に染まらねば格好が悪い。「 風立ちぬ 今は秋 」って感じでまとめよう。うんうん。

今春に仕立てたチャコールグレーのスーツを着て行くぞと、
パンツを穿き、ジャケットを羽織ったのだが…

チャックは閉まらないし、
ボタンは留まらない


太ったのだ。
紛れもなく、太ったのだ!

それも、
腹を凹ませて何とか我慢をしようと思える次元をはるかに超えるくらいに太ったのだ…。

まずいぞー。着れるスーツが無くなる。。。
本気で、この ぶよんぶよん をどうにかしなければと思った。



…でもね、
ランチタイムになると、どういうわけかお腹が空くのだな。
スーツが着れようが 着れなかろうが、どうしておなかがへるのかな?


そんな僕に、
白とらくんが 言いました。

tiger01

タイガーを あなたのお腹に!



そして、
門番のジェームスさんが 耳元で囁きます。

tiger02

食っちゃえ、食っちゃえ!!



…ということで、行っちゃいました!!
Hungry Tiger 若葉台店

tiger03
■ 東名横浜ICから、車で5分の好立地!

前の会社の後輩 YAMAちゃんと2人で通った 馴染みの味を堪能しようぢゃないか!
ダイエットはいつでもできるっ。(そうだ、そうだ)
炭火で焼いたビーフ100%のハンバーグランチを食べれるのは、

今しかなーーーいっ!



で、
昼からダブルハンバーグ、行っちゃいました

tiger04

つなぎを使わない俵状のハンバーグを、接客係のお姉さんが目の前で半分に切り分け、チンチンに熱した鉄板で最終調理をしてくれる。良質のお肉が焼ける匂いがたまらなく食欲をそそる。秘伝のソースを掛けると、ジューっという音と共に ソースが跳ねるので、紙ナプキンを広げて待つ演出がニクい!

昔は小田原や二宮にもお店があったので、この味を覚えている方も多いはず。
10年程前の狂牛病騒ぎで、横浜エリアに6店舗のみとなってしまったけれど、今でも週末のディナータイムには1時間待ちの行列のできる伝説のハンバーグなのです!

それにしても…
昼からこのボリュームは重かったっ
おかげで、次の朝までお腹が減りませんでした

ちなみに後輩のYAMAちゃんは、この秘伝のソースだけでライスを一皿たいらげます。
肉汁とソースが絶妙に絡んで、白いご飯にめちゃくちゃ合うのだそうです。
付け合せのベイクドポテトやキツネ色になるまで炒めたオニオン、ミックスベジタブルが、ハンバーグの旨さを引き立たせます。

東名横浜ICを降りる際には是非、タイガーをあなたのお腹に…。


■ ハングリータイガー 若葉台店
住所:横浜市旭区若葉台4-33-13
TEL:045-921-6208
営業時間(月~金):11:00~22:00
営業時間(土日祝):11:00~23:00
ランチタイム:11:00~15:00

かわいいね、ピーちゃん!

ずーっと、気になっていることがある。

pi-01



インコのピーちゃん達。

pi-02



おいらが近くに行くと
ピヨピヨ と 喜んでいるようで…

pi-03



羽根をバタバタさせながら…
かごの中を飛びまわるんだぜぇ。

pi-04



かわいいねっ

pi-05



ピーちゃんっ

pi-06

まいひめ

9/29(土)30(日)の2日間、
小田原城内で開催された ODAWARAえっさホイおどり2012 を観てきました。

舞姫(まいひめ)
 今年で参加13回目のチーム
 2012のテーマは、「舞風(ぶふう)」
 風に舞ふ 鶴の如く 軽快な飛翔が表現されていました。
 実は…うちの奥さんと娘がお世話になっているチームです!!
  ↓↓↓
maihime01

もう4~5年になりますでしょうか…
当初はリズム感もスピード感も盆踊り並みだった親子ですが、日頃の練習の甲斐あって、どうにかチームに溶け込み、迷惑掛からない程度に舞っていました

maihime02


それどころか、
娘は 「 The Best of Monkey 」 に選ばれ、記念のカンバッチを頂くほどに
親バカですが、なかなかキレのある踊りをするんですよ、これが!!
 ↓↓↓
maihime03


奥さんも、娘に負けじ(!)と、今年は先頭で頑張っています!
 ↓↓↓
maihime04


随分と上手くなったねぇ と、奥さんを褒め称えたところ・・・

余程嬉しかったのでしょう。。。目の前で踊りはじめました
 ↓↓↓
maihime05

親子一緒に、ひとつの物事に取り組めることって滅多にありませんよね。
本番前になると、リビングで娘が奥さんにステップを教えていたりするのです。
同じ目線で同じ事に取り組める二人が羨ましくなります。

まして、
「舞姫」というチームで、連帯感や責任感、仲間を思う気持ちなどを随分と感じているようで、同じ目標 同じ目的に向かうベクトルは、様々なことを教えてくれています。 有難いことです。はい。


ODAWARAえっさホイおどり は、
「小田原に元気な祭りを」と行政から依頼を受けた小田原商工会議所青年部(当時)が、高知のよさこい祭りを基に、小田原にゆかりに童謡「おさるのかごや」のフレーズ(えーっさ えーっさ えっさほい さっさ)をエッセンスとして盛り込み誕生させたと聞きました。「猿子」と呼ばれる鳴子を両手に持って踊る小田原スタイルが、だいぶ定着してきたように思います。

二人が所属する 舞姫 では、
一緒に楽しく踊ってくれる方を随時募集していまーす



あるかぎり ひろげし翅 あさ風に
ながしやりたる 鶴いづこまで

maihime06

堀の辺を揃いの着物で歩く姿は、
何だかとても風情がありました。
プロフィール

episooooode

Author:episooooode
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。